酒田五法

酒田五法は、日本古来の罫線の中でも最も古典的であり、罫線分析の基本として非常に有名です。

酒田五法

三山(さんざん)
三川(さんせん)
三空(さんくう)
三兵(さんぺい)
三法(さんぽう)

という5つのチャートのパターンが基本になっています。

 

三山(さんざん)

「3回突破できなかった高値はもう突破できない」

という推測で相場の天井を見極めるパターン分析の事です。

3つの山の真ん中の山が一番高いパターンを三尊(三尊)と呼びます。

三山はフォーメーション分析のヘッドアンドショルダーズトップという事もあります。

ヘッドアンドショルダーズトップとは出現頻度が低く、高い確率で「トレンド転換」を判断出来ます。

ダブルトップは三山の出現率が少ないことから、
2つの山でも天井になる確率は高いという考えで広く世界に広まっています。

※ダブルトップ

天井を確認したら売りという事ではあるが、
天井での逆張りを狙わずに天井を確認してから順張りで売る
という部分も含まれています。

三川(さんせん)

三山の逆で逆三山(ぎゃくさんざん)とも呼びます。

3回突破ができなかった安値はもう突破できないという推測。

3つの安値を谷と考え、
谷には川が流れていると考えて三川と呼びます。

3つの谷の真ん中の谷が一番低いパターンを特に逆三尊と呼びます。

3つの谷を結んだ線を底といい、
相場の底が抜けることはもうないだろうという分析から買いという活用法になります。

底を確認したら買いという事ではあるが、
底での逆張りを狙わずに底を確認してから順張りで買う
という部分も含まれています。

三空(さんくう)

空に焦点を当てたパターン。

空とは突発的なニュースなどのことを示しています。

相場がパニック的に動いた事を示し、
これが3回続けばパニックは行き過ぎであり、
逆張りのチャンスという活用法になります。

相場の高値圏で4本の陽線と3つの上方向の空が連続するパターンの事を
三空踏み上げ(さんくうふみあげ)と呼びます。

また相場の安値圏で4本の陰線と3つの下方向の空が連続するパターンを
三空叩き込み(さんくうたたきこみ)と呼びます。

三兵(さんぺい)

連続する3本の陽線、又は陰線を三兵と呼びます。

相場の安値圏で3本の連続した陽線が出るパターンを赤三兵(あかさんぺい)と呼びます。
強い相場についていく順張りの買いのパターンとして活用します。

相場の高値圏で3つの連続した陰線が出るパターンを黒三兵(くろさんぺい)と呼びます。
弱い相場についていく逆張りの売りのパターンとして活用します。

売りの強い抵抗を示唆する長い上ヒゲが2本目、3本目の陽線についていると、
赤三兵の買いパターンが失敗する可能性もあります。

これを赤三兵の先詰まりと呼びます。

三法(さんぽう)

動かない相場では休んで、
相場が動き始めたら取引を始める分析を三法と呼びます。

三法はレンジ相場では取引を休み、
相場がレンジから離れて動き始めたら動いた方向へ仕掛ける
というブレイクアウトの順張りパターン分析になります。

レンジ相場では取引を休み、
相場がレンジ相場の高値を明確に上に抜けたら買いで仕掛けるパターンを
上げ三法と呼びます。

レンジ相場では取引を休み、
相場がレンジ相場の安値を明確に下に抜けたら売りで仕掛けるパターンを
下げ三法と呼びます。

※レンジ相場

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です