ダウ理論とは

ダウ理論とは


19世紀終わりにチャールズ・ダウが提唱した相場理論で、理論を発表した人物の名前をとってつけられています。


このダウ理路は全てのテクニカル分析の基礎として現在最も多くの投資家に支持されている。

そのダウ理論は「6つの基本原則」で構成されています。


ダウ理論6つの基本原則


1 価格(平均株価)は全ての事象を織り込む
2 トレンドは短期・中期・長期の3つに分類される
3 主要なトレンドは3つの段階から形成される
4 価格は相互に確認される必要がある
5 トレンドは出来高でも確認される必要がある
6 トレンドは明確な転換シグナルが出るまで継続する

ダウ理論の中でも最も重要な事について説明します。

アップトレンドは
『高値・安値の各々がその前の高値・安値より上にあるもの』と定義し、
切り上げていくもの。


ダウントレンドは
『高値・安値の各々がその前の高値・安値より下にあるもの』と定義する。
切り下げていくもの。

つまりは、安値が切り上がって高値も切り上がっているとアップトレンドで

逆に高値を切り下げていて安値を切り下げているとダウントレンドです。

ダウ理論手法

高値を切り上げているから上がるということは、
上昇しているときは安値も切り上げています。

=安値は前の安値より下がらなくなっているという事になります。

これを利用したトレード方法で「ブレイク」です。
これは高値を切り上げた瞬間に買う事になります。

高値を切り上げたから上がるというわけになりますが、
このとき安値も切り上げている必要があります。

安値を前の安値より切り上げている状態で、
高値を切り上げているのが、上昇の正しい形になります。

トレンドはラインにぶち当たるまではいつまでも継続します。

継続するからどんどん買って行ける事になります。

 

しかし、いつかこのトレンドは終わります。
それは、何かしらのラインに当たった時、
その後、一瞬で下落して終わりになります。

 

トレンド終了に巻き込まれないためには、

どこに相場が目指していたラインがあるのかこれを常に考える必要があります。

下落すべき値位置において、ダウは切り下げから切り下げに変わります。

ダウが切り上げ続けるから買っていく。

いずれ切り下ってしまうときがきます。
切り下げてから下落だと認識するのでは遅すぎる事も多々あります。

また重要なラインでの切り下げと目標値が先にある場合での切り下げでは、
意味合いが異なる場合があります。

長期足から、確認してしっかり相場の環境を認識しましょう!
長期の流れに沿って、短期に波及してます。

長期の波が、徐々に短期の流れにあります。
長期で理解することで、短期を捉えられるかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です